« 涙隠して笑顔笑顔 | トップページ | 新年度 »

2006年3月30日 (木)

本は良い

3月30日(木)晴れ時々曇り一時雨

仕事の合間に、ちょっと読書。
「スリム・ドカン」でお馴染みの、金座まるかんの斉藤一人さんの著書を読ませていただいた。
本の内容は、視点が商人と言うこともあり、とても共感するところが多い。
読みながら、うなずいている自分が笑える。
そして、とても刺激され、勉強になる。
気持ちも和らぐ。

学生時代は仕方なく読んでいた本だが、今では読書は楽しみの一つだ。
主に池波先生の「鬼平犯科帳」や「剣客商売」が好きだ。
何度も読み返した。

何時頃から読書が好きになったのか、自分でも解らないのだが、今にして思えば、もっと早くから読んでおけば良かったと思う。
亡父が「くだらない音楽など聴いているのなら、本を読め!」なんて言っていたことが思い出される。

しかし、本は良いものだ。「何が良いの?」と聞かれても困るのだが、とにかく本は良い。

毎度!小高米屋です
小高米屋通信(メルマガ登録)

|

« 涙隠して笑顔笑顔 | トップページ | 新年度 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104920/9338752

この記事へのトラックバック一覧です: 本は良い:

« 涙隠して笑顔笑顔 | トップページ | 新年度 »