« やりやがったなぁ~? | トップページ | 中学の部活動デビュー »

2006年4月27日 (木)

使い方を間違えないで

4月27日(木)
雨後曇り一時晴れ

久しぶりに、御世話になっている自動車板金のラビット・ハッチへ顔を出す。
またまた、数本カスタムナイフを製作されていた。
これがまた、すごい! 
ナイフの持ち手の部分など芸術の域に達している。
勿論、刃の部分も独特の形をデザインしてあり、使い勝手が良さそうだ。

一言に「ナイフ」と言うと、「切れる」「怖い」「危ない」などなど、危険で危ないものとしてのイメージを持たれてしまう。
しかし「ナイフ」は道具としての使い方を間違わなければ、とても便利である。
キャンプなどの際には必要不可欠である。

「ナイフ」を使い、人を傷付けたりすることは、道具としての使い方を間違っている。
ましてや、そのナイフを作った人に失礼極まりない。

個人個人、考え方は違うのだろうが、道具として使い方を、きちんと教えれば、子供にとっても便利なものだと思う。

自分が子供の頃は「肥後守」と言う小刀をいつも持っていた。
工作に使ったりした。
川遊びや山に行くときも必ず持っていた。
ニッキの木を削って噛り付いたりしたものだ。
今の子供達は知らないだろうなぁ~・・・。

毎度!小高米屋です
小高米屋通信(メルマガ登録)

|

« やりやがったなぁ~? | トップページ | 中学の部活動デビュー »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104920/9791254

この記事へのトラックバック一覧です: 使い方を間違えないで:

« やりやがったなぁ~? | トップページ | 中学の部活動デビュー »