« 埼玉も、そろそろ収穫 | トップページ | 後わずかな夏休み »

2006年8月28日 (月)

傷ましい事故は防げたはず

8月28日(月)
曇り

傷ましい事故が起きた。
幼時が3人死亡。
何とも、やりきれない。
追突した車の運転手は酒を呑み運転していた。
その運転手は公務員。
モラルはどこへ言ったやら・・・。

今回の事故後、運転手はろれつもまわらないほど、酔っていたと聞いた。
それで酒気帯び運転かい? 
酒酔い運転でしょう? 
そんなことより、言い方は悪いけど、事故を起こした運転手は、人殺しなんだよ。
自覚してほしいし、一生をかけて償ってもらいたい。

我が子を亡くした親御さんの気持ちを考えると、この運転手の行為は許せない。

この事故は酒を呑んでいなければ起きなかったのでは?

毎度!小高米屋です
小高米屋通信(メルマガ登録)

|

« 埼玉も、そろそろ収穫 | トップページ | 後わずかな夏休み »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 埼玉も、そろそろ収穫 | トップページ | 後わずかな夏休み »