« 必修漏れ | トップページ | 運転中にはやめようね »

2006年10月31日 (火)

解決より、まずは改善

10月31日(火)
薄曇

毎日のように「いじめによる自殺」の話題を耳にする。
その度に、取り沙汰されるのは、学校長や教育委員会の、その場だけの「保身」を考えたコメント。
テレビのコメンテーターも繰り返し批判する。
しかし、先生方も大変なんだろう。
批判するのは簡単だが、批判される側は、ただでさえ大問題なのだから、泣きっ面に蜂だろう。

ここで思うのは、今後のこと。どうすれば良いのか?

中学生と小学生の子供を持つ親として思うのは、「自分の子供はいじめられていないのか?」と第一に考えてしまう。
しかし、反対のことを考える親は何人いるだろう? 
「家の子は他人様の子をいじめていないだろうか?」と考えれば、子供との接し方も変わるのではないだろうか? 
少しでも改善されるのではないだろうか?

大人として親として、上から物事を見るのではなく、子供の目線になることができれば、何か見えてくるものがあるのではないだろうか?
単に解決を目指すより、まずは少しずつでも改善することが必要と考える。

毎度!小高米屋です
小高米屋通信(メルマガ登録)

|

« 必修漏れ | トップページ | 運転中にはやめようね »

独り言」カテゴリの記事

コメント

賛成。息子が小学生の頃、一人の友達を「臭い・うざい」と言ったので思い切り叱った事があります。「いじめる方が100%卑劣なんだ」と。大人の「いじめられる方にも原因がある」と言う論調は許さない。どの子も認められるべき個性だよね。

投稿: みゆき楽団・みゆき | 2006年11月 1日 (水) 12:58

>みゆきさん
賛同していただき光栄です。
自らの子を愛するように、どの子の個性も愛するようにしたいものです。

投稿: 三代目 | 2006年11月 1日 (水) 13:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 必修漏れ | トップページ | 運転中にはやめようね »