« 強盗事件発生 | トップページ | パトロール? »

2006年10月18日 (水)

教師も親も考えよう

10月18日(水)
晴れ後曇り

「いじめ」による、中学生の自殺問題がテレビなどで放送されている。
同じ中学生を持つ親として、他人事ではない。

そこで最近、問われている教師の質が気になる。
それなりの指導力があるのか? 
本当に我が子を預けて大丈夫なのか? ・・・・・・。

・・・・? 冷静になれよ。

教師の側から見た、我々、親達はどうなのか? 
「最近の親は・・・?」なんて思われているかもしれない。
我々、親自身も時代の流れとともに、変わってしまったのではないか?

子供のことを全て教師や学校のせいにしていないか? 
教師がどうのこうの言う前に、自分自身がどうなのか? 
考えたほうが良いような気もする。

しかし、今回の事をテレビで見ると、学校関係者の二転三転する言葉は信用できないな。

何かが違うと思いつつも、何が違うのかハッキリしない。
でも、一つ言える事は、「子供は国の宝」だ。

大切に育まなければいけない。

毎度!小高米屋です
小高米屋通信(メルマガ登録)

|

« 強盗事件発生 | トップページ | パトロール? »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 強盗事件発生 | トップページ | パトロール? »