« 配達中の信号待ち | トップページ | 焦るぜ! »

2006年11月15日 (水)

社会体験学習

11月15日(水)
晴れ後曇り 夕方から雨

息子は社会体験学習で、地元のドラッグストアへ朝から出かける。
最近の中学校教育の一環なのだろうが、商店などの手伝いをさせるとは、思い切った学習指導だ。
(小高米屋に来てくれれば俺がサボれる?)

配達中に、その店の前を通るが、息子の様子は見えなかった(親バカ?)。

帰宅した息子に感想を聞いてみる。
「定価札を貼り付けるのが楽しかった」とのこと。
本音を言えば・・・、

「楽しいのは最初だけ。毎日やればイヤになることだってあるさ・・・。」
(米屋の三代目、悪の心の声)

息子には話せないよな(苦笑)。

しかし、米屋をやっていて良いことは、父親としてではなく、先輩として話してやろうと思う。米穀業界は厳しい時代だが、遣り甲斐のある仕事だ。そして、これが「家業」だと言うことも・・・。
息子も将来の選択肢の一つとして「跡継ぎ」と言うことも考えている様子だ。

明日、息子は体験学習2日目。
レジに立ち、商品の袋詰め作業を手伝うとのことだ。
買い物に行ってみるかな? 

それこそ親バカか?

毎度!小高米屋です
小高米屋通信(メルマガ登録)

|

« 配達中の信号待ち | トップページ | 焦るぜ! »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 配達中の信号待ち | トップページ | 焦るぜ! »