« 病院に疑問 | トップページ | 親父殿の作品 »

2006年12月14日 (木)

「忠臣蔵」再放送

12月14日(木)
晴れ後曇り 夕方から雨

今日は、忠臣蔵、赤穂浪士の討ち入りの日だ。
テレビ朝日でも再放送している。
しかし、今まで何人の役者さんがこの「忠臣蔵」の赤穂浪士を演じたのだろうか?

今日は、午前中、この再放送を見た。
自分のイメージする赤穂浪士とギャップがある役者さんもいるが、それなりに見事に演じている。

浪士の一人が、留守の義兄の羽織に向かい酒を酌み、暇乞いをする場面など、何度見ても泣けてくる。
「来年は新盆だから・・・」なんて切ない台詞が泣かせる。

300年前、事実はどうであったのか? 
今となっては詳細まで解らないであろう。
しかし、テレビドラマは、それなりに楽しませていただきましょう。

毎度!小高米屋です
小高米屋通信(メルマガ登録)

|

« 病院に疑問 | トップページ | 親父殿の作品 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

関西では毎年この時期になると
必ず赤穂浪士の出陣?の様子を再現した
様子がニュースになります。
赤穂市が一年で一番輝く時です。

投稿: あきちん | 2006年12月14日 (木) 18:43

>あきちんさん

本当に今日は赤穂市が全国的に思い出される日ですね。
「浪士出陣の再現」
やはり語り継がれるヒーローなのでしょうね。

余談ですが、我が家では「赤穂の塩」使ってます。

投稿: 三代目 | 2006年12月14日 (木) 19:30

日本人好みの正義譚、廃れないですね。命がけの喧嘩だ、今の時代にも理不尽を許さぬ若人よ、い出よ!なんて。息子さんの喧嘩も彼なりの哲理があるんだろう。頼もしいじゃないですか。ドンとして行きましょう。

投稿: みゆき楽団みゆき | 2006年12月15日 (金) 09:17

>みゆきさん
日本人の「血」ですね~。賛否両論あるでしょうが、自分は大好きですね。
今の時代、人は本質を見抜く力が欠落しているように感じます。
見えているのかもしれませんが、目を背けているようにも思います。
あえて、「日本人なのだから」で良いのではないでしょうか?
日本人であることに、誇りを持ちましょう!

投稿: 三代目 | 2006年12月15日 (金) 12:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 病院に疑問 | トップページ | 親父殿の作品 »