« この日から・・・ | トップページ | もち米を精米 »

2006年12月25日 (月)

精米機が・・・

12月25日(月)
晴れ

世間はクリスマス。
さすがにラジオから山下達郎氏の「クリスマス・イブ」は流れなくなったが、ワムの「ラスト・クリスマス」はまだまだ・・・。

調整済み(小石などの除去済み)の玄米を精米する。

「ガガガ・・・・」精米機から妙な音が・・・?

ありゃ??? 
早速、精米機を分解して点検すると、玄米がこぼれ出す。
よ~く見てみると、網(メッシュ)に大きな穴を発見!
こぼれ出した玄米を集めて、よく見てみると、小豆くらいの大きさのナットが出てきた!

こいつのせいで網に穴が開いてしまった。
慌てて予備の網と交換。
すぐに精米機も使えるようになった。

現在の精米方法は、玄米を鋼鉄製の網(メッシュ)で表面を削り落として白米にする。

農作機械の進化により、色々なものが玄米に混ざってしまう。
最近は風で倒れた稲も刈り取れる。
それにより小石が混入する場合がある。

また、農作機械も細かい部品を多く使っているので、ボルトやナットが外れて玄米に混入するケースもある。
今回がそれだ。

今日、精米した玄米は調整済みの表示があったので、いきなり精米したのがいけなかった。
この小石などの除去も現在では機械で行うのだが、機械任せじゃいかん!
最後は、人間の目だな。
きちんと確認しなければ・・・。

毎度!小高米屋です
小高米屋通信(メルマガ登録)

|

« この日から・・・ | トップページ | もち米を精米 »

米屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この日から・・・ | トップページ | もち米を精米 »