« 十三夜 | トップページ | しっかり舵取りを! »

2007年10月26日 (金)

言葉使い

10月26日(金)
雨後曇り

 ボクシングの亀田家がテレビやラジオで盛んに取り沙汰されている。
 不快感を覚えるので、気にして見聞きしなかったが、午前中の会見を見てしまった。(笑)

 そこそこに、きちんとした言葉使いが出来るではないか!

 私は何とも言えないが、好感を持った方も多いのでは?
 やはり、「伝える」と言うことを考えると、言葉使いは大切である。

 私も気をつけなければ・・・。

小高米屋通信(メルマガ)
毎度!小高米屋です

|

« 十三夜 | トップページ | しっかり舵取りを! »

独り言」カテゴリの記事

コメント

お兄ちゃん立派やったと思いますよ。
あの逆風の中ですからねー

実はあのお父さん、なんと姫路出身(うちの隣の市)なんです。
この辺りの言葉、播州弁は正直きれいな言葉とは言えません。それと大阪弁がミックスされて最強言葉になってしまった訳ですから、東京の人達にはそれはそれはえげつない言葉に聞こえたことでしょう。

なので、なんだか今回の件は情けなーい気もしております。

投稿: あきちん | 2007年10月27日 (土) 18:49

>あきちんさん

お~!お隣でしたか!
“播州弁”と言うのですか~。
たしかに、関東人には強烈なイントネーションですね。
私はあまり感じませんでしたが、人によっては違った受け取り方をしたかもしれませんね。

あの長男は親父さんのことが好きなのでしょうね。
態度に出てましたね。
素直な子の姿なのでしょう。
私も立派だったと思います。

しかし、私の地元、飯能も言葉は微妙ですね~。(苦笑)

「~だんべぇ」(だろう)
「あんだかやぁ」(何)

などなど・・・。

投稿: 三代目 | 2007年10月28日 (日) 08:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 十三夜 | トップページ | しっかり舵取りを! »