« 言葉使い | トップページ | 生き残るのは“街の商店” »

2007年11月 2日 (金)

しっかり舵取りを!

11月2日(金)
晴れ後曇り

 ガソリンをはじめ、食料品も次々値上げ。
 家計を直撃。

 しかし、給料が上がるわけでもない。
 年金も・・・。

 「どうしよう?」と嘆く御客様が多い。

 この現実を政府は、どのように考えているのだろう?
 国内自給率も4割を下回ってしまった。

 日本は、何処へ向かって行くのだろう?

 政治家の皆様、しっかり舵取りを御願いします!

小高米屋通信(メルマガ)
毎度!小高米屋です

|

« 言葉使い | トップページ | 生き残るのは“街の商店” »

独り言」カテゴリの記事

コメント

ガソリン=投機筋、食品=バイオエタノール関連への転作、どちらもお金を追っかけている人たちが原因を作り出している訳で、お金がすべて的な論理がありそこには道徳はないのでしょう。そんな道徳がまだ少なからず日本にはあるからソース会社は乗っ取られなかった訳ですし、まだ捨てたもんじゃない気もします。
逆に考えるとそんな情で動いてたら、いずれ世界に日本が乗っ取られる日もくるかもしれません。

では、行政はどうか?
なーんとなく一部の人間・組織にお金が集中するような仕組みを選択しつつあるようです。が先日の選挙で負けてちょいと足踏みでしょうか。

先日、ミャンマーでのデモの原因はガソリン価格の急上昇だったと新聞でみました。
では、日本ではそんなことは起こる・・
はずもないですねー。
すっかり為すがまま状態です。

あんあ風に日本人が熱ーくなれる時が来たら
またこの国の舵取りの方向も変わる日がくるかもしれませんね。


投稿: あきちん | 2007年11月 3日 (土) 18:11

>あきちんさん

そうですね。「情」を忘れたら、それこそ“アメリカ合衆国日本州”にでもなってしまいそうです。(苦笑)

行政においても、まだまだ行く先の透明性に欠けているように思いますね~。
与党も野党も、何を考え何をしようとしているのやら・・・。

現在の日本では、さすがにミャンマーほどの騒ぎは起こらないにしても、今後は何があってもおかしくない時代になって行くのではないでしょうか?

恐い恐い・・・。

投稿: 三代目 | 2007年11月 3日 (土) 20:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 言葉使い | トップページ | 生き残るのは“街の商店” »