« 立秋 | トップページ | 100m走 »

2008年8月17日 (日)

コメント

8月17日

毎日、オリンピックの中継が盛んに放映されている。
そんな中、解説者などのコメントに違和感を覚えることがある。

「元気をもらった!」
「勇気をいただいた!」などなど・・・。

元気や勇気は自分の中から搾り出すもので、他人からもらうものではないと思っている。

毎度!小高米屋です
小高米屋通信(メルマガ登録)

|

« 立秋 | トップページ | 100m走 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

元気付けられたという言葉がありますが。

自分のプロフィールを読み返してみました。
元気をいただいた。元気を貰った。という言葉が使われていました。
別に不自然とは思いませんが・・・

投稿: けんすけ | 2008年8月17日 (日) 10:58

こんにちは懐中電灯です
 まったく同感です。多くのアスリートがしばしば「夢を与える」とか「勇気を与える」という発言をします。ボクのように老中になると、時々腹が立ちます。勇気も夢も自分のものであって他人から貰うものではありません。 
 仮に「貰った」というひとは、それは幻想です。「もらった」と発言するひとは、他人依存しているだけ、その勇気は使いものになりませんし、夢も実現しませんね。
 オリンピックで活躍している、水泳の北島康介や、柔道の谷本歩実の活躍の姿を見て、応援しているうちに、応援者が勝手に勇気が湧いたり、夢を抱いたりするんですね。
 谷亮子には、腹が立ちます。「ママでも金」と言ったんだから、負けたら、銅で満足などと言わずに、「悔いが残る、悔しい」と言って欲しい。
 ところで、三代目さん、ミクシィにもボクのようにブログの中味をコピーして、両方生かしませんか。そうすると、ミクシィにコメントを書けます。マイミク同士のコメントが書き易いと思います。

投稿: 懐中電灯 | 2008年8月17日 (日) 16:33

>けんすけさん

コメントありがとうございます。

あくまでも、私が感じたことなので。
不快に思われたなら、お許しを・・・。

投稿: 小高米屋三代目 | 2008年8月17日 (日) 19:04

>懐中電灯さん

コメントありがとうございます。

仰るとおり“幻想”ですね。
やはり他に依存せず自ら搾り出して欲しいし、私自身も搾り出しています。
谷選手も、素直に「悔しい」と言って欲しかった。
同感です。

ミクシィ日記は、あまりにもサボり過ぎてしまいましたので設定を変えたのですが、やはり両方に生かしたほうが良いみたいですね。

投稿: 小高米屋三代目 | 2008年8月17日 (日) 19:12

オレも「感動をありがとう」とか「夢をありがとう」とかおかしいと思うし自分で掴むものと思うけど世の中、大半の人が社会の歯車にされて主人公になれないんでアスリートを見て自分が主人公になったつもりになりスカッとするなら犯罪犯して主人公になろうとするよりいいかもと思うようになりました。

投稿: いとひ | 2008年8月17日 (日) 20:40

三代目さんこんにちは!

>「元気をもらった!」
>「勇気をいただいた!」などなど・・・。

私も良く使っている言葉です。
歌なんかを聞いていても詩に同感して勇気をいただくことがあります。
偉人の言葉なんかでも同じことがあります。
懐中電灯さんがおっしゃる通り、夢は自分のものですが
人はしばしば夢を見失ってしまうことがあります。
つまり「落ち込んだ」ようなときに
自分の中にある夢をを引き出してもうという意味に理解しています。

ところがスポーツなどでは元気をあげようなんて思って競技しているわけではないのでちょっとニュアンスが違っていますね。
その違和感を感じているのではないでしょうか。

私もミクシあきてきたのですが
外部ブログにすると蓄積した日記が消えてしまうと聞きました。懐中電灯さんのように両方生かすことを考えています。


投稿: yumenosima | 2008年8月17日 (日) 21:06

三代目さん

 こんばんは!ご無沙汰している間に外部ブログに
繋げられたのですね。最近の私は自分のHPと4月に
作った画像掲示板の管理で手一杯でmixiの方はほぼ
休止状態で失礼をしています。

 議論されている「勇気付けられる」「勇気を貰った」
と言う言葉ですが、スポーツ選手を見てと云うのは
ちょっと違和感がありますが、普段のお付き合いの
中で、自分がどん底まで落ち込んだ時など、友人に
励まされて、又は友人の生き生きとした行動を見て
よしっ!と自分も立ち上がれる事があります。人間
は所詮そんなに強くはありませんもの。

 「頑張る!」と言う言葉は嫌いで絶対に使いたく
無いと云う方がいます。そう云える方もきっと強い
方なのだろうと思いますが、私は弱い人間なので
しょっちゅう「頑張ろう!」って自分に言い聞かせ
ます。何にも動じない強い心が持てるといいなぁ
とは思いますが。

投稿: かう | 2008年8月18日 (月) 00:10

>いとひさん

そうですね~。
悪い方向に行かなければ、捉え方の一つとして考えて良いのでしょう。
オリンピック中継で“スカッ~!”って感じはありますよね。

投稿: 小高米屋三代目 | 2008年8月18日 (月) 08:42

>yumenosimaさん

仰るところに“違和感”を感じます。
あげたり、もらったりするものじゃないと思っているので・・・。
結果、そう言うことになるのかもしれませんが、ちょっと違うような・・・?

ミクシィの日記は消えちゃうのですか?
微妙ですね。
やっぱり両方、生かそうかな?

投稿: 小高米屋三代目 | 2008年8月18日 (月) 08:45

>かうさん

私もご無沙汰ですみません。

言葉の“アヤ”かもしれませんが、何か違和感を覚えました。
やはり、自分自身の中から出てくるものと信じています。
仰るとおり“励まし”は、たくさんあります。
私も多くの方々に励まされ生きています。
日々、感謝しています。
そして「頑張ろう!」って思えるのですよね~。

“何にも動じない強い心”
持ちたいですよね~。

投稿: 小高米屋三代目 | 2008年8月18日 (月) 08:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立秋 | トップページ | 100m走 »