« オスプレイがいけないのか?それとも・・・ | トップページ | う~・・・寝不足だ・・・ »

2012年8月 3日 (金)

ジャッジメント

ロンドンオリンピックの話題が毎日盛んにテレビや新聞を賑している

そんな中 不可解なジャッジメントの問題が取り上げられている
人間が競技することを人間がジャッジするのだから間違いがあって当たり前なのかもしれないが いかがなものか?
ジャッジするのも難しい“競技種目の進化”や“複雑すぎるルール”も問題かもしれない
そしてジャッジする人間の問題も・・・

オリンピックの場合 審判員の ほとんどがボランティアのようだ
実際 審判員が集まりにくいとの話も聞く
やはりジャッジを下す審判員のレベルの問題もあるようだ

ジャッジとは難しいことだ
選手同士の勝負によって遺恨を残してはならないし・・・

相撲で横綱の軍配を任される行司さんには脇差が見える
それは“行司の刺し違い”の際に 切腹をするために許されているそうだ

さすがに 近代オリンピックにおいて そこまでして欲しくはないが その“覚悟”はオリンピックの審判員には必要なのではないだろうか?

ジャッジによって正当な勝者の心に汚点が残らぬように・・・

|

« オスプレイがいけないのか?それとも・・・ | トップページ | う~・・・寝不足だ・・・ »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オスプレイがいけないのか?それとも・・・ | トップページ | う~・・・寝不足だ・・・ »