« 朝日新聞 | トップページ | おめでとうございます »

2014年11月22日 (土)

略す

「ロウケン」?
「トクヨウ」?・・・
ケアマネージャーや介護士との会話の中で度々出てくるワード

今となれば大抵は理解できる
「ロウケン」:介護老人保健施設
「トクヨウ」:特別養護老人ホーム

そんなワードを聞き始めた頃は いったい何のことやら???


オイラの仕事にも略したワードが多い
お米の品種で「コシ」 「ササ」 「コマチ」 「ヒトメ」 ・・・
比較的 誰が耳にしても 解りやすいとは思うのだが
精米機なのど分野では専門的なワードに加え
さらに略すと まず一般には理解できないだろう

介護関連の例もあるように
知らない人にとって略されると理解不能の場合が多々ある

内容によっては わざと略す場合もあるだろが
あまり良いことではないと思っている

何でもかんでも略しゃ~良いってもんじゃない
面倒だから略すのか?
忙しいから略すのか?
そんなに急いだところで相手に伝わらなければ意味がない

きちんと正しい言葉を丁寧に使い
皆様に説明することの大切さを肝に銘じなければ!

|

« 朝日新聞 | トップページ | おめでとうございます »

コメント

三代目さん

 4時半、外はそろそろ暗くなりつつあり、夕刻から雪雲発生初雪が降るかな?

 仰る通り略語が多いけれど、結構日常慣れて使ってしまっているものも一杯。特に店名ロイホ(Royal Host) ファミマ、セブン、マック、テレ朝、連ドラ、朝ドラ、スマホ、特にスマホなんてスマートフォーンってしっかり云ってる人にまだ出会わない。若者の使う「マジ切れ」だとか、又おかしな使い方をする「やばい」素晴らしいの意味もあり、元来のあぶないと言う時にも使うのかな?「れる」「られる」がおかしい、「食べれる」なんて平気でプロのアナウンサーの発言にもある。

 それから発音記号の変なもの、彼氏はカにアクセントが無く平音、でも時代時代でそんな略語はあった気がする。高校時代の陸上部等の朝の練習は「朝練」と言ったし、戦時中の予科練習生を「ヨカレン」と歌った如く。でもこの時代の略語は誰もが理解できたものでしたね。最近の若者の言葉は隠語に近いものがありです。

 先日スマートフォンを買った時、担当者に、こんな年寄りが何とか使いこなそうなんて言うんだだから笑っちゃう?でもパソコンは何とかやるのよ!って言ったら、「最近の若者は意外とパソコンは出来ないと言うか必要なくって携帯でネットは使うけれどパソコンは使えない人が増えているんですよ」って。パソコン不用論を唱える人が多くなったけれど、その内姿消すのかなぁ?

 例の如く長くなりました。失礼!

投稿: Kau | 2014年12月25日 (木) 17:00

かうさん コメントありがとうございます

「慣れ」って ある意味で怖いです
本来 美しい筈の日本語が 益々崩れて行きます
嘆かわしいことと感じることもありますが
これも その時代に沿った文化なのかもしれません
仰るとおり どの時代にも略語は存在していましたね
そして最近の略語は“品”が無いような気もしますが・・・
“隠語に近い”
言えていますね

かうさんがスマートフォンを使うことを笑うなんてありません
素晴らしいことと思います
(^-^)b
私は相変わらず従来型の携帯電話です
私の方が笑われますよ
(^-^;

パソコン不要論!
解るような気がします
最近は皆さんスマートフォンを使っていますものね~

あっ!
パソコンも略語でしたね

投稿: 三代目 | 2014年12月25日 (木) 18:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104920/60692774

この記事へのトラックバック一覧です: 略す:

« 朝日新聞 | トップページ | おめでとうございます »