親父殿

2015年7月24日 (金)

会いたいなぁ・・・

可能ならば会いたい人間が三人いる
内二人は100%不可能なのだが 会いたいのは その内の一人

もし会えたなら きっと叱られるだろう
それでも会いたい
聞きたいことが山ほどある
そして話したいことが いくつもある

鮎釣りに行き その出掛け先で亡くなった親父
その親父に「“三途の川”で釣りが出来るように」と叔父が棺桶に釣竿を入れてくれた
ならば“三途の川”には魚釣りをしている亡父の姿があるものと信じていたが・・・

4年前の心肺停止騒ぎで俺が行った“三途の川”の向う岸には誰の姿も見えなかった
その代りに「まだ お前はそっちの岸でアタフタしてろ!」って亡父の声が遠くから聞こえたような気もする

今日は亡父の命日
心静かに一日を過ごそうと思う

------------------------------------
父さん
暑い夏です
あなたが愛した“鮎釣り”の季節です
そして今日は あなたが妻を一番悲しませ 娘と息子を泣かせた日です

あの日から色々たいへんでした
何年後になるか解らないけど土産話が たくさんあります
今度 俺が“三途の川”へ行ったなら待っててください
------------------------------------

20150724_493_2
(小髙龍涯 昭和49年3月 川寺書道教室にて)

| | コメント (0)

2013年7月24日 (水)

今日は誰かの誕生日 そして・・・

今日は誰かの誕生日
そして誰かの命日

人は生まれて死んで行く
これは摂理
今日も どこかで誰かが生まれ 誰かが死んで行く
365分の1の今日
今日は亡父の二十三回忌
亡父に声が届くなんて思っちゃいないが・・・
“父ちゃん 俺は みんなの協力で まだ米屋やらせてもらってるよ”

| | コメント (0)

2009年1月15日 (木)

「一以貫之」

Mixisikisi 「一以貫之」(いちをもってこれをつらぬく)

言葉の意味は・・・
 
“一貫して変わらずに道を進むこと”
“柔軟な心と謙虚な態度があってこそ、一つのことが貫くことができる”
“譲れること譲れないことの選択はやわらかい心で”

書家だった亡父が死ぬ直前に書いた作品
亡父が生きてきた証の言葉だったのか?
それとも私への遺言だったのだろうか?

私への遺言だとしたら、今の私にできているのだろうか?

玄関に飾ってある、この作品を見るたびに考えてしまう・・・

毎度!小高米屋です
小高米屋通信(メルマガ登録)

| | コメント (0)

2008年8月18日 (月)

100m走

8月18日

Mixiimg030 亡父が若い頃(昭和20年代)は陸上選手として国体にも出場した。

当時、亡父の100m走の記録は、11秒1。

今回のオリンピックでは9秒69!
当時からは想像できない記録だろう。

亡父の記録は女子にも抜かれている・・・。

毎度!小高米屋です
小高米屋通信(メルマガ登録)

| | コメント (0)

2007年10月 2日 (火)

亡父も嫌っていたな~

10月2日(火)
曇り一時晴れ

 気分的な問題だが、10月になることを心待ちにしていた。
 理由は・・・、「43歳になる」である。

 亡父が数字の「42」、「4」、「9」などを嫌っていたこと覚えている。
 そして、亡父は、「19」の日に倒れ、「24」の日に亡くなった。

 亡母にも「今日は4の日だから気をつけなさい」なんて、よく言われた。

 そんなことが意識しなくても頭のどこかにあったようだ。
 数え年では厄年とは関係ないのだが・・・。

 思い起こすと、去年の暮れに交通事故。
 今年の春には入院。
 散々だった・・・。

 現在42歳。
 あと少しで、この数字から抜け出せる。

小高米屋通信(メルマガ)
毎度!小高米屋です

| | コメント (4)

2007年7月27日 (金)

親父の作品

7月27日(金)
晴れ時々曇り

Mixi200707271418000  亡父の作品が見つかった!

 亡くなる間際の作品は“隷書”のものばかりだったが、“楷書”の作品がやっと見つかった。

 「楷書の龍涯」と呼ばれたほどの亡父だった。
 さすがに、作品に貫禄があるように感じる。

 早速、店に飾る。

 何となく、亡父に見守られているようだ。

毎度!小高米屋です
小高米屋通信(メルマガ登録)

 

| | コメント (2)

2007年7月24日 (火)

十七回忌

7月24日(火)
晴れ

 久しぶりに気持ちが良い天気。
 やっと晴れた。

 午前中、御墓参りに行く。
 親父の十七回忌。

 早かったような・・・?

 親父が死んでから、お袋の具合が悪くなり、祖母の面倒を見ながらお袋の面倒も同時に診た。
 お袋が快復すると、祖母の入院。
 祖母が亡くなり、ホッとしたら、お袋の病気。

 そしてお袋も亡くなった・・・。

 この16年、何をしていたのだろう・・・?

 親父が、早く亡くならなければ・・・。

毎度!小高米屋です
小高米屋通信(メルマガ登録)

 

| | コメント (2)

2007年5月 1日 (火)

とうとう・・・

5月1日(火)
曇り後雨 夕方には晴れる

亡父が使っていたペンタックスのカメラ。かなり古い。
以前から調子が悪く使えなかった。
修理に出したが、部品が無いとのことで修理不能。
ダメで元々と思い、ちょっと機械油をさすと、何とか使える雰囲気にはなった。
200705011835001_2

先程、数回シャッターを押してみると・・・?
いよいよダメだな~。
とうとう壊れた様子。

姉や自分の御祝い事には必ずこのカメラで写してもらったな~。

長い間、御苦労様でした。

小高米屋メルマガ登録
小高米屋のホームページ

| | コメント (2)

2007年4月10日 (火)

商売以外で有名だった親父殿

4月10日(火)
晴れ一時雨

病院の待合室で隣に座った御婦人が、「若いのに、どこが悪いの?」と訊ねられた。
自分の病状の話から、雑談へ・・・。
「どちら」との問いに、「川寺で米屋やってます」と答えると、御婦人は亡父を知っているとのことで「小高さんの倅さんなの~」と驚かれていた。
何でも若い頃、亡父と陸上競技で一緒になったとのことだ。

しかし、親父殿は商売以外で有名だったのだな~・・・。

毎度!小高米屋です
小高米屋通信(メルマガ登録)

| | コメント (0)

2007年2月13日 (火)

親父殿の誕生日

2月13日(火)
晴れ後曇り

亡くなった人の歳を数えるものではないと聞くが、どうしても、亡くなった人の誕生日が来るとが数えてしまうものだ。

今日は亡き親父殿の誕生日。
生きてりゃ76歳。
まだまだ生きていても不思議ではない年齢かもしれない。

先月亡くなった叔父と、あっちの世界で一杯やってるかな?

毎度!小高米屋です
メルマガ小高米屋通信登録

| | コメント (0)

より以前の記事一覧