紙飛行機

2006年10月27日 (金)

作ったぞ~

10月27日(金)
曇り

ネット上で発見した紙飛行機の図面。
早速ダウンロードして作る。
こりゃ小さい! 

200610251703000世界中の色々な国々の飛行機が紹介されていたが、とりあえず日本の戦闘機(所謂ゼロ戦)を数機、作ってみた。
まだまだたくさん紹介されているので全機製作目指します。
ミニ飛行機博物館シリーズ

紙飛行機は重心を保つため、機首におもりをつける場合が多い(機体の設計次第ではおもりは不要)のだが、この紙飛行機には、おもりに1円玉を使う。
なかなかおもしろい。
しかも簡単な発射台を作れば、それなりに飛んでくれる。少しハマりそう。

毎度!小高米屋です
小高米屋通信(メルマガ登録)

| | コメント (0)

2006年10月24日 (火)

紙飛行機の本が来た

10月24日(火)

3623503_87s先日、通販で頼んでおいた本が来た。
本といっても、二宮康明先生の切り抜く、紙飛行機の本。
小学校の頃の紙飛行機の本も今現在も持っているが、当時の紙と比べると、今日手にした本に使われている紙の違いに驚く。
とても上質だ。
しかし、やや厚い感じ。
このまま製作すると飛行に影響するかも?

当時の本は切り抜かず大切に保管してある。
小学生当時、もったいないので切り抜かず、別の紙に写して作った。
現在はコピーで楽々写せるが、あの頃は苦労したな~。
トレーシングペーパーで写し、カーボン紙で別の紙に写した。
でも、そのおかげで現在でも当時の機体を作れる。

本当に二宮先生の設計された紙飛行機は良く飛ぶ。

毎度!小高米屋です
小高米屋通信(メルマガ登録)

| | コメント (0)

2006年10月21日 (土)

紙飛行機飛ばしたい

10月21日(土)
曇り時々晴れ

稲刈りが終わった田んぼ。
刈り取った後からでも、まだ青い葉が伸びている。
稲の生命力はすごい! 
そのパワーを毎日食べているのだから、何とありがたいことか。

Photoしかし、稲刈りが終わると、広いな~。
思わず、裏趣味?の紙飛行機を飛ばしたくなる。

自分が作る紙飛行機は、ケント紙を切り抜き、数枚を貼り合せて作るタイプ。
胴体、翼も全て紙。
この紙飛行機は、奥が深い。

上手く風をつかまえれば、滞空時間は数十秒にもなる。
微妙な調整と試験飛行を繰り返し、飛ばすのだ。
時間を忘れてしまう。

「いい大人が~」なんて言われるかもしれないが、やめられないんだな。
 

毎度!小高米屋です
小高米屋通信(メルマガ登録)

| | コメント (2)